すべてのモラルを破壊して、欲望は衝突する。問題作であり唯一無二。異形の傑作がクローネンバーグ監督自身の監修により完全なる形でよみがえる。
すべてのモラルを破壊して、欲望は衝突する。問題作であり唯一無二。異形の傑作がクローネンバーグ監督自身の監修により完全なる形でよみがえる。
F・フォード・コッポラが猛反対、マーティン・スコセッシが大絶賛。
フェティシズムの最果てを描いた究極のR-18問題作が鮮やかに蘇る。
SF作家J・G・バラードによる同名小説を、『ザ・フライ』(86)、『裸のランチ』(91)などで知られるカナダの鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化。自動車事故により性的興奮を覚える人々を描いた危険度100%究極の偏愛を描いた傑作が、製作から25年を迎え鮮烈に帰ってくる。
当時、審査委員長を務めたフランシス・フォード・コッポラからは反対されるも、第49回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。フランスの映画雑誌「カイエ・ドゥ・シネマ」が選ぶ1996年の映画ランキングで堂々の1位を獲得。さらにマーティン・スコセッシ監督が選ぶ1990年代のベスト映画にもランクイン、と数々の称賛を浴びる一方で、その過激な性描写が問題視され、イギリスの新聞「デイリー・メール」紙が1面で上映禁止を呼びかけるなど、賛否両論を巻き起こした。
撮影は『戦慄の絆』(88)以降のクローネンバーグ作品全てで撮影を手掛けたピーター・サシツキーが担当。今回の上映素材は、長らく消失したと思われていた35mmオリジナルネガがカナダで発見されたことを機に3ヶ月かけてサシツキー監修のもと4K化し、クローネンバーグが最終承認を与えた素材である。
全編の8割以上がセックスシーンである本作へ果敢に挑んだのは、主人公ジェームズ役に、『セックスと嘘とビデオテープ』(89)のジェームズ・スペイダー。貪欲に自身の欲望に没頭するヘレン役に、『ピアノ・レッスン』(93)のホリー・ハンター。ボンテージファッションに身を包む女性ガブリエルにロザンナ・アークエット。その他、ジェームズの妻キャサリンにはデボラ・カーラ・アンガー。彼らを結びつける謎の男ヴォーンにはイライアス・コティーズなど個性豊かな俳優陣が集結。
死と隣合わせの危険な快感への目覚め、人体損壊と車体の破損への欲求と美意識……。後戻りできない世界にどこまでも堕ちていく姿を、クローネンバーグならではの映像世界で描ききった異常に満ちた唯一無二の傑作。危険な欲望への扉が、ふたたび開かれる。
ある日、映画プロデューサーのジェームズは車で正面衝突事故を起こす。相手のドライバーは死亡、助手席に乗っていたドライバーの妻ヘレンはジェームズとともに病院へ搬送される。院内を歩き回れるほど回復したジェームズは夫の死になぜか平然としているヘレンと彼女に付き添う不思議な男ヴォーンと顔を合わし、事故の写真を見せられる。退院後、ジェームズとヘレンはそれぞれ事故の衝撃を通して思わぬ性的興奮を感じていた……。再会した2人はセックスに及び、事故の体験により新たなエクスタシーを開拓するグループ=カー・クラッシュ・マニアの会の存在を知り、その世界にのめり込んでいく。
『クラッシュ』前
本作の監督、脚本、製作を取り仕切ったカナダを代表する映画人。1943年、トロントに生まれる。幼少年時代より作家を志し、ファンタジー作品を投稿していた。1961年にトロント大学在学中、短編小説で賞を受けるが友人が学生映画に出演したことをきっかけに映画作りに進路を変える。4本の自主映画と10本を超えるテレビ映画を監督し、1975年に『シーバース/人喰い生物の島』にて長編劇映画監督デビュー。以後、『ラビッド』(1977年)、カーレースを素材にした『クローネンバーグのファイヤーボール』(1979年)や、感情が人体を変容させる『ザ・ブルード/怒りのメタファー』(1979年)のような異色のホラー映画をコンスタンスに発表。『スキャナーズ』(1981年)と『ザ・フライ』(1986年)の世界的ヒットにてファンタスティック映画の第一人者となった。同時にジョン・ランディス『眠れぬ夜のために』(1985年)やクライブ・バーカー『ミディアン』(1990年)には重要な役回りで俳優としても活躍。映画化不能と言われたウィリアム・バロウズの小説『裸のランチ』(1991年)を見事に完成させた。
『クラッシュ』後
第49回カンヌ映画祭を本作で騒然とさせた後、1999年にはカンヌ映画祭審査委員長を務めた。監督作は『イグジステンズ』(1999年)以降、『スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする』(2002年)、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(2005年)、『イースタン・プロミス』(2007年)、『危険なメソッド』(2011年)、『コズモポリス』(2012年)、『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(2014年)を監督。俳優業も継続して行なっている。
『クラッシュ』前
1949年生まれ。海外の映画をカナダに配給するビバフィルム創立者。本作ではエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。1977年から映画制作を開始、『パラダイス』(1982年)や『ヘブンリー・ボディーズ』(1984年)、『JM』(1995年)といった映画を制作、日本でも公開されている。
『クラッシュ』後
クローネンバーグとは『イグジステンズ』(1999年)、『イースタン・プロミス』(2007年)とで共働している。
『クラッシュ』前
1949年生まれ。イギリスのレコーテッド・ピクチャーズ会長。『デニス・ホッパーのマッド・ドッグ・モーガン/賞金首』(1976年)、『セックス・ピストルズ/グレート・ロックンロール・スウィンドル』(1979年)、大島渚『戦場のメリークリスマス』(1983年)とエッヂの効いた映画を制作、ベルナルド・ベルトルッチ『ラスト・エンペラー』(87年)で国際的な成功と高い評価を得た。クローネンバーグとは『裸のランチ』(91年)で手を組んでいる。
『クラッシュ』後
北野武の『BROTHER』(2000年)、三池崇史の『13人の刺客』(2010年)と日本映画の作家の映画でも積極的にエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。また2015年にベン・ウィートリー監督でバラード『ハイ・ライズ』を映画化。
『クラッシュ』前
1941年、ロンドンに生まれる。1964年以降、『イギリスは占領された!?』(1966年)、『傷だらけのアイドル』(1967年)、『小さな恋のメロディ』(1971年)、『ロッキー・ホラー・ショー』(1975年)と鮮烈なイメージを残す映画の撮影を数多く手がける。クローネンバーグとは1988年の『戦慄の絆』から『裸のランチ』(1991年)と『エム・バタフライ』(1993年)と異色作でタッグを組む。
『クラッシュ』後
ティム・バートンの『マーズ・アタック!』を『クラッシュ』と同年の1996年に撮影。以後、クローネンバーグ作品の撮影監督として『イグジステンズ』(1999年)から『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(2018年)までコンビを組み続けている。
『クラッシュ』前
1946年カナダ生まれ。デヴィッド・クローネンバーグの出世作『スキャナーズ』(1981年)『ヴィデオドローム』(1983年)と才覚を発揮したショアはハリウッドで『アフター・アワーズ』(1985年)、『羊たちの沈黙』(1991年)『エド・ウッド』(1994年)『セブン』(1995年)と着実にキャリア・アップを重ねた。クローネンバーグとも『ザ・フライ』(1986年)、『戦慄の絆』(1988年)、『裸のランチ』(1991年)とタッグを組み続ける。
『クラッシュ』後
『イグジステンズ』(1999年)をはじめクローネンバーグの映画に楽曲を寄せつつ、ピーター・ジャクソンの「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ(2001〜2003年)でも作曲を担当。アカデミー作曲賞受賞をはじめ高い評価を得る。
『クラッシュ』前
1960年ボストンに生まれる。高校を中退しニューヨークへ行き俳優活動を開始、アクターズ・スタジオの舞台に立つ。映画では1981年に『エンドレス・ラブ』でデビュー、青春映画で活躍。1989年に『セックスと嘘とビデオテープ』で第42回カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞。
『クラッシュ』後
クローネンバーグとは『イグジステンズ』(1999年)、『イースタン・プロミス』(2007年)とで共働している。
『クラッシュ』前
1949年生まれ。イギリスのレコーテッド・ピクチャーズ会長。『デニス・ホッパーのマッド・ドッグ・モーガン/賞金首』(1976年)、『セックス・ピストルズ/グレート・ロックンロール・スウィンドル』(1979年)、大島渚『戦場のメリークリスマス』(1983年)とエッヂの効いた映画を制作、ベルナルド・ベルトルッチ『ラスト・エンペラー』(87年)で国際的な成功と高い評価を得た。クローネンバーグとは『裸のランチ』(91年)で手を組んでいる。
『クラッシュ』後
『ザ・ウォッチャー』(2000年)、『セクレタリー』(2002年)と旺盛に活動を続行、その後最も大きな役は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)のウルトロン役である。
『クラッシュ』前
1961年、モントリオール生まれのコーティアスは1981年にアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツとアクターズ・スタジオに入学。卒業後、オフ・ブロードウェイにて『蜘蛛女のキス』などの舞台に立つ。映画デビューは『ONE MAGIC CHRISTMAS』(1985年)。1994年にはアトム・エゴヤン監督作『エキゾチカ』でジェニー賞最優秀男優賞にノミネートされる。
『クラッシュ』後
SF映画『ガタカ』(1997年)、テレンス・マリックの戦争映画『シン・レッド・ライン』(1998年)など銀幕で活躍しながらHBOのドラマ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』(2002年)、NBCの『シカゴP.D.』(2014〜2018年)とテレビドラマでも活躍中。
『クラッシュ』前
1958年ジョージア州生まれ。16歳のときに俳優養成所にスカウトされ、大学でも演劇を専攻。1980年に舞台に立ち、1981年にスラッシャー映画『バーニング』でスクリーン・デビュー。『ブロードキャスト・ニュース』(1987年)ではニューヨーク&ロサンゼルス映画批評家協会賞受賞を受賞する。1993年には『ピアノ・レッスン』で第66回アカデミー賞主演女優賞並びに第51回ゴールデングローブ賞主演女優賞を獲得。
『クラッシュ』後
俳優仕事は順調に進み、2003年に製作総指揮兼出演もこなした『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』では第76回アカデミー賞助演女優賞並びに第61回ゴールデングローブ賞の助演女優賞にノミネートされる。